header

日本風工学会年次大会について

日本風工学会学会員の日頃の研究成果を発表する場として開催されており,1983年に東京大学生産研究所で第1回年次研究発表会が開催されて以来,開催場所を変えながら毎年開催されております。隔年で一般講演会と企画講演会が開催された期間もありますが,現在は毎年一般講演会を開催するようになりました。

これまでの開催実績

開催都市・開催場所・講演者数 開催都市・開催場所・講演者数
1983 東京都・東京大学生産研究所・35 2008 東京都・東京大学生産研究所・10
1984 東京都・東京大学生産研究所・PD 2009 東京都・東京大学・75
1985 東京都・東京大学生産研究所・39 2010 東京都・東京大学・4
1986 東京都・東京大学生産研究所・PD 2011 大阪市・大阪市立大学・61
1987 京都市・日本イタリア京都会館・34 2012 東京都・東京理科大学・4
1988 東京都・中央大学・62 2013 仙台市・東北大学・63
1989 東京都・東京大学・55 2014 東京都・東京大学・9
1990 東京都・中央大学・59 2015 徳島市・徳島大学・73
1991 鹿児島市・鹿児島大学・50 2016 東京都・東京大学・11
1992 東京都・The First Omtermatopma; Symposium on Computational Wind Engineeringとの同時開催 2017 柏崎市・新潟工科大学・
1993 金沢市・金沢大学・64 2018 東京都・東京大学・18
1994 東京都・東京大学生産研究所・16 2019 宇治市・京都大学防災研究所・48
1995 横浜市・横浜国立大学・91 2020 東京都・東京大学・16(オンライン)
1996 東京都・学士会館・15 2021 オンライン開催・36
1997 福岡市・福岡工業大学・101    
1998 東京都・東京大学。142018    
1999 徳島市・徳島大学・96    
2000 東京都・東京大学・96    
2001 京都市・5th Asia-Pasific Conference on Wind Engineering (APCWE V)との同時開催    
2002 厚木市・東京工芸大学・8    
2003 仙台市・東北大学・91    
2004 東京都・東京大学・61    
2005 京都市・京都大学・81    
2006 東京都・東京大学・7    
2007 北九州市・九州工業大学・83    

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top