header

一般社団法人日本風工学会基金取扱規程

平成22年7月2日施行
平成24年5月30日改定・廃止

 

(総則)
第1条 一般社団法人 日本風工学会(以下本会という。)基金の取り扱いについては、この規程(以下「基金取扱規程」という。)の定めるところによる。

(基金の定義)
第2条 本会基金とは、任意団体たる日本風工学会(以下旧会という。)を解散し、法人たる本会を設立するにあたり、旧会の残余財産のうち、24,355,736 円(預け金、前受金を含む.内訳は次に示す通り)をもって法人設立の基金としたものである。

基本財産 10,000,000円 
国際貢献・社会貢献準備金   5,000,000円
学術貢献準備金   2,000,000円
突発災害調査準備金   2,000,000円
表彰準備金  440,000円
現金(預け金を含む)  4,915,736円

2.前項の基金は本会定款第3条に定める本会の事業遂行のため次の通りとする。

①基本基金  10,000,000円 
②国際貢献・社会貢献基金  5,000,000円
③学術貢献基金  2,000,000円
④突発災害調査基金  2,000,000円
⑤表彰基金  440,000円
⑥現金(預け金を含む)   4,915,736円

3.前項の基金を次の通り名称変更する。

①基本財産

②国際貢献・社会貢献準備金

③学術貢献準備金

④突発災害調査準備金

⑤表彰準備金

(使用目的)
第3条 本会基本財産あるいは準備金は、定款第3 条に定める本会の事業を実施するために、その全部又は一部を取り崩すことができる。

2. 前項に基づく基本財産あるいは準備金の全部又は一部の取り崩しは、収支予算に基づいて、社員総会の承認を得て行うものとする。

3.前項にかかわらず、第2条②国際貢献・社会貢献準備金、同③学術貢献準備金は一般社団法人日本風工学会学術貢献,国際貢献・社会貢献準備金取扱内規に従い、また第2条④突発災害調査準備金は一般社団法人日本風工学会突発性災害調査費の申請に関する内規に従い、第2条⑤表彰準備金は一般社団法人日本風工学会表彰規程に従い、理事会の承認を得て、その全部又は一部を取り崩すことができる。

(報告)
第4条 予算に基づき支出された基本財産あるいは準備金の使用実績及び財務状況については、収支決算に基づいて、社員総会及び学会総会へ報告し、社員総会の承認を得るものとする。

(規程の改廃)
第5条 この規程を改定又は廃止する場合には、社員総会の承認を得なければならない。

 

附則
この規程は、平成22年7月2日から施行する。

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top