header

2017年12月22日開催【東京】風災害研究会講演会(一般公開)

日 時

2017年12月22日(金),15:00~16:00

場 所

東京理科大学森戸記念館第1会議室

https://www.tus.ac.jp/facility/morito/

講演者

藤田哲也博士記念会事務局長  橋本 昭雄 氏

演 題

藤田哲也博士が遺したもの

概 要

 1998年11月19日,フジタスケールの提案,ダウンバーストの発見などの活躍で,Mrトルネードの名をほしいままにしてきたシカゴ大学教授の藤田哲也博士が米国の自宅で生涯を閉じられた。そして,ご本人の遺骨とともに輸送コンテナ2個分にもなる数々の遺品が日本に還り,現在,藤田哲也博士記念会の手によって大切に保管されている。ここでは,博士が遺された様々なものを通じて,日本を飛び出して嵐に関する偉大な業績を残した藤田哲也という気象学者の足跡について紹介する。

 

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top