header

令和3年度地球シミュレータ公募課題の募集

国立研究開発法人海洋研究開発機構では、令和3年度地球シミュレータ公募課題を募集いたします。
「地球シミュレータ公募課題」は、地球シミュレータ運営基本方針に基づいて、海洋地球科学と関連分野及び産業界等を含む社会に対して地球シミュレータの利用の機会を広く開くものです。
多数のご応募をお待ちしております。

 

■募集締切
  令和3年5月21日(金) 13時必着

  詳細は以下のURLをご覧ください。
  http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r03koubo-es.html

  問合せ先:
  国立研究開発法人海洋研究開発機構
  付加価値情報創生部門地球情報基盤センター
  ES公募係
  045-778-5770 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

第8回 IEA Wind セミナー - 風力発電に関する最新の国際的な研究動向の紹介 -

国際エネルギー機関(IEA)における風力技術協力プログラム(略称:IEA Wind)での日本の取り組みを紹介するとともに、IEA Wind に参画することによって得られた最先端の国際的な研究開発情報を国内の風力発電関係者の皆様にとって有用な情報を提供する機会となりますことを期待しております。

○日 時:2020年2月18日(火) 10:30~16:40(開場・受付 10:00)
○場 所:TKP新橋カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町1-3-1)
  アクセス:(*場所が内幸町ホールから変更となりました)
                    https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shimbashi-uchisaiwaicho/access/
○次 第:
  10:30 開会の挨拶 石原孟(東京大学 IEA Wind国内委員会委員長)
  10:35-11:50 午前の部
  ・渡部良朋(NEDO) IEA Windの取組概要
  ・小垣哲也(産総研) 基礎技術情報交換の活動状況
  ・山口敦(東京大学) 洋上風車解析コードの検証
  11:50-12:50 お昼休憩
  12:50-14:35 午後の部①
  ・植田祐子(WINC) ウィンドファーム流れモデルのベンチマーク
  ・吉田茂雄(九州大学) ダウンウィンド風車技術
  ・菊地由佳(東京大学) 風力発電のコスト
  14:35-14:50 休憩
  14:50-16:35 午後の部②
  ・丸山康司(名古屋大学) 風力発電プロジェクトの社会的受容性
  ・安田陽(京都大学) 風力発電大量導入時の電力系統の設計と運用
  ・亀山俊平(三菱電機) 風計測ライダーの最新技術と信頼性
  16:35 閉会の挨拶 伊藤正治(NEDO)
○定 員:134名
○参加費:無料
○申込方法:風力エネルギー研究所のWebサイト内、メールフォームにて参加登録を御願いします。
http://www.windenergy.co.jp/
○申込締切:2月17日(月)17時まで
第8回 IEA Wind セミナーの詳細はこちら

令和2年度地球シミュレータ公募課題の募集

国立研究開発法人海洋研究開発機構では、令和2年度地球シミュレータ公募課題を募集いたします。
「地球シミュレータ公募課題」は、地球シミュレータ運営基本方針に基づいて、海洋地球科学と関連分野及び産業界等を含む社会に対して地球シミュレータの利用の機会を広く開くものです。

本募集では若手研究者の育成も重視しており、その趣旨を理解した
令和2年4月1日時点で39歳以下、または科学研究費助成事業若手研究の
条件を満たす研究者による課題応募を歓迎します。

みなさまからのご応募をお待ちしております。

■募集締切
令和2年1月16日(木) 17時必着

詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r02koubo-es.html

問合せ先:
国立研究開発法人海洋研究開発機構
付加価値情報創生部門地球情報基盤センター
ES公募係
045-778-5770 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【開催案内】ポスト「京」(スーパーコンピュータ「富岳」)重点課題4 成果報告会

ポスト「京」(スーパーコンピュータ「富岳」)重点課題4は最終年度を迎え、5年間にわたる研究開発で得られた知見および成果を、気象庁関係者をはじめ気象研究者のコミュニティ、大学や自治体関係者、一般企業等の関連分野の方に対して広く紹介することを目的として、成果報告会を開催します。

皆さまのご参加をお待ちしております。

■開催日時
令和2年1月31日(金)10:00~17:10(開場9:30)

■会場
気象庁 講堂(東京都千代田区大手町1-3-4 2F)
< http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/map.html >

■参加方法
参加費無料、事前登録制(下記URLよりお申込みいただけます)
< https://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/event/sh2020/form/ >

■発表内容
○サブ課題A「革新的な数値天気予報と被害レベル推定に基づく高度な気象防災」
・ビッグデータ同化に向けた観測誤差相関を考慮するデータ同化
・観測誤差時空間相関を考慮した変分法によるドップラー速度データ同化の検討
・1600メンバーEnVARの結果を使ったアンサンブル洪水予測
・新しいタイプのメソ渦とこれに伴う竜巻状渦に関する高解像度シミュレーション
・台風21号による建築物への影響評価

○サブ課題B「シームレス気象・気候変動予測」
・実運用可能な日本沿岸海況予測システムの開発
・台風の活動度に注目した高解像度非静力学モデルを用いた大メンバーアンサンブルシミュレーション
・ポスト「京」プロでの台風予測研究の進展

○サブ課題C「総合的な地球環境の監視と予測」
・高解像度シミュレーションで解き明かす物質の流れ
・エアロゾルモデルの現状と課題

○コデザイン「システムとアプリケーションの協調設計」
・重点課題4アプリケーションコデザイン

※この他、ポスター発表もあります。
講演者等プログラム詳細はこちらよりご覧ください
< http://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/event/sh2020/ >

■主催・共催
国立研究開発法人海洋研究開発機構
気象庁気象研究所

■お問い合わせ
国立研究開発法人海洋研究開発機構 成果報告会事務局
TEL:045-778-5753 FAX:045-778-5463
MAIL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

講習会「都市の風環境予測のための CFD ガイドブック」

日 時:2020年1月30日(木)13:30~16:30
会 場:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)

詳細は下記URLをご確認ください。
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2020/200130cfd.pdf

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

Back to Top