header

ゴルフボール周りの風の流れ(東京大学)
都市の風環境・風通し・市街地の風洞実験(東京大学)
都市の風環境・ビル風・模擬市街地のCFD(大成建設)
耐風設計・太陽電池アレイの風洞実験模型(鹿島建設)
風の予測・風洞実験・法隆寺五重塔の空力試験(大成建設)
強風災害の予測・竜巻のCFD(清水建設)
日本初の沖合洋上風車(NEDO/東京電力)
耐風設計・明石海峡大橋(本州四国連絡高速道路)
耐風設計・明石海峡大橋大型風洞試験(本州四国連絡高速道路)

最新情報

風災害研究会情報

≪ポスト「京」重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」第2回成果報告会≫

文部科学省委託事業 ポスト「京」重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」では、
豪雨や台風でもたらされる自然災害による犠牲者ゼロ社会の実現を目指し、
観測ビッグデータを活用した最新データ同化技術を導入して、
リードタイム(予報をしてから現象が発生するまでの時間)を長く確保するための技術研究開発を行っています。

この成果報告会では、本課題で得られた知見を広くご紹介いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■開催日時
平成29年12月21日(木)10:00~17:15(開場9:30)
■会場
東京都千代田区大手町1-3-4 2F (Map
■参加方法
参加費無料、事前登録制(お申込みフォーム
■プログラム(抜粋)
サブ課題A
サブ課題紹介 瀬古 弘(海洋研究開発機構/気象庁気象研究所)
 発表者
  栃本 英伍 (東京大学)
  小槻 峻司 (理化学研究所AICS)
  本田 匠  (理化学研究所AICS)
  河合 英徳 (東京工業大学)
  大泉 伝  (海洋研究開発機構)
  伊藤 耕介 (琉球大学)

サブ課題B
サブ課題紹介 佐藤 正樹(東京大学)
 発表者
  山田 洋平 (海洋研究開発機構)
  宮川 知己 (東京大学)
  大野 知紀 (海洋研究開発機構)

サブ課題C
サブ課題紹介 滝川 雅之(海洋研究開発機構)
 発表者
  鈴木 健太郎 (東京大学)
  関谷 高志  (海洋研究開発機構)
  眞木 貴史  (気象庁気象研究所)

コデザイン 八代 尚(理化学研究所AICS)

プログラム詳細はこちら

■主催
国立研究開発法人海洋研究開発機構
■共催
気象庁気象研究所

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

モバイルサイト

qr code こちらから
モバイルサイトが
ご覧いただけます。

Back to Top