header

ゴルフボール周りの風の流れ(東京大学)
都市の風環境・風通し・市街地の風洞実験(東京大学)
都市の風環境・ビル風・模擬市街地のCFD(大成建設)
耐風設計・太陽電池アレイの風洞実験模型(鹿島建設)
風の予測・風洞実験・法隆寺五重塔の空力試験(大成建設)
強風災害の予測・竜巻のCFD(清水建設)
日本初の沖合洋上風車(NEDO/東京電力)
耐風設計・明石海峡大橋(本州四国連絡高速道路)
耐風設計・明石海峡大橋大型風洞試験(本州四国連絡高速道路)

最新情報

風災害研究会情報

日 時

2020年9月15日(火),13:00~14:00

場 所

Zoomによるオンライン講演会

風災害研究会委員以外の方で,参加をご希望の方は,9/11(金)までに,友清宛にご連絡ください。折り返し,講演会参加のためのURLをお知らせします。

講演者

ウェザーニュース 手柴 充博 氏

演 題

激甚化する豪雨・豪雪・風災害に対するウェザーニューズの取り組み~小型気象レーダーの活用および今後の展開~

概 要

株式会社ウェザーニューズでは、2009年より航空機搭載気象レーダーを応用した地上設置気象レーダー(WITHレーダー)ネットワークを構築し、日本全国に80ヶ所設置し運用してきた。設置当時、「ゲリラ豪雨」が流行語大賞にノミネートされるなど、局地豪雨及び突風についての関心が高まっており、このWITHレーダーは、高頻度観測が可能でかつ空間的に密な観測網を構築することとし、また、気象庁レーダーではカバーできない山間部等にも設置して観測を行っている。今回は、現在の小型気象レーダーの状況および弊社内でのレーダー利活用の一例を紹介し、今後のアプリケーションの可能性について述べる。

 

Google検索(jawe.jp内)

賛助会員

風工学用語データベース

1989年の風工学会誌第40号に掲載された風用語集が作成されてから20年以上が経過しており,その間に新たな解析手法, 計測手法などが用いられるようになっている。

Read More

モバイルサイト

qr code こちらから
モバイルサイトが
ご覧いただけます。

Back to Top